CATEGORIES
-
ARCHIVES
”知っているようで知らないシャンプーのやり方”
2018.12.10 -

やっと雪が積もりはじめ、冬らしさが感じられるきょうこの頃。

寒さもなかなかマイナスの温度についに到達。暖房も絶賛活躍中!!

はてさて、寒くなってくるとお客様からの質問で増えてくることが

『乾燥』『抜け毛』

打ち込んでみて改めて思います。可愛くない。このフレーズ。

内容的にも可愛くなさすぎます。むしろ醜悪。

前回の「白髪」のとき同様、ストレスによるものでもありますが

日々のシャンプーのやり方次第で幾らかの緩和が望めることもあると思います。

そこで!!

”知っているようで知らないシャンプーのやり方”

教えちゃいます!!

その1

予洗いに3分は時間をかけること

この予洗い、ちゃんと出来ていると汚れの80%は落とせると言われています。決して侮れません。後々のシャンプーの泡立ちや強いては毛穴の汚れの取れ具合にも大きく影響してきます。

その2

シャンプーの時は地肌を泡で包みながら洗うこと&ゴシゴシこすらない。やさしーく。

泡の行き届いていない頭皮を洗うの皮膚を削り落としているのと一緒。重ねて、力強くゴシゴシこするのもNG。確かにゴシゴシした方が洗った感を感じられるかもしれませんが、結果肌をいじめてしまっては元も子もありません。ゴシゴシしなくても地肌はキレイになります。

その3

お流しは予洗いくらいしっかり

ここも意外と盲点。案外ささっと終わらせていたりしませんか???泡で浮かび上がらせた色々な汚れをしっかり流すには、予洗いくらいのしっかりしたお流しが必要なんです。

以上3点が秘訣!!って大げさなものではないのですがすっごーい基本的なことなんですがとっても大事なことなんです!!今一度日頃のシャンプーを見直してみていただけたら嬉しいです!!きっと変化が出てくる….はず。

最後まで読んでくださりありがとうございます。